輪郭の整形|身近な存在になっている美容外科を利用しよう|肌の老化を予防ケア
レディ

身近な存在になっている美容外科を利用しよう|肌の老化を予防ケア

輪郭の整形

ウーマン

容姿のコンプレックスが、顔の輪郭という方は少なくありません。輪郭は、隠すことができない部分なので、大きな悩みになってしまいます。ずっとマスクをつけたり、髪の毛を下ろしたりして隠している方もいますが、それでは根本的な解決になりません。名古屋の美容外科で輪郭の整形を行なえば、理想的な輪郭を手に入れることができます。輪郭の整形にはさまざまな種類がありますが、最も効果が高いのは、骨を削って形を変える方法です。骨を削れば半永久的に効果が継続するので、1度の施術で悩みを解決できます。しかし数ミリ単位しか削れなかったり、骨が欠けたりすることもあるので注意が必要です。また、ダウンタイムも2週間~4週間程度あるので、スケジュールを立てるのも難しいです。手軽に輪郭の整形をしたいなら、ヒアルロン酸や脂肪を注入する注入系の施術を選びましょう。有効成分を注入するだけなので、痛みや腫れはほとんどないですし、術後すぐにメイクをすることも可能です。ただ効果持続期間は短いので、定期的に施術を行なう必要があります。

名古屋の美容外科では、エラ削りや頬骨削り、顎骨削りなどを行なうことができます。エラ削りは、顔のケラが張っている人に向いている施術です。施術内容は全身麻酔を行ない、口腔内の奥に3センチほど切開をして、骨膜下を剥離してエラ骨を切るというものです。施術時間は3時間ほどかかり、術後は1日入院する必要があります。翌日には退院できますが、退院後も3日間~4日間は包帯で顔や頭を巻くことになります。頬骨削りは、ゴツゴツした輪郭をスッキリさせたいという人に向いている施術です。一般的な施術内容は、上の歯の前を切開して頬骨を削り、耳のわきを切開したところから頬骨弓を削るというものです。唇の腫れは10日間程度で引いていきますが、頬やエラの腫れは引くのに3週間程度かかります。エラ削りは130万円程度、頬骨削りは150万円程度費用がかかります。

本格的な施術に抵抗があるという場合は、名古屋の美容外科でプチ整形を行なうと良いでしょう。名古屋の美容外科でできる切らない輪郭整形の施術は、プロテーゼ挿入法や、ヒアルロン酸注射などがあります。プロテーゼ挿入法とは、歯茎と唇の根本の間を切開したところにプロテーゼを挿入するというものです。局部麻酔を行なうので、施術中は痛みがないですし、日帰りで受けることも可能です。ヒアルロン酸注射と違って、永久的な効果が持続するというメリットがあります。ヒアルロン酸注射は、注入する範囲をマーキングした後に、麻酔をしてヒアルロン酸を注入していきます。効果持続期間は1年程度で、2年経過すると吸収されてなくなります。プロテーゼは20万円程度、ヒアルロン酸注射は5万円程度で行なうことができます。